整体師になれるスクール特選サイト
整体師になれるスクール特選サイト保存版!本気で整体師になりたい人のための専門スクールカタログ

いちおし整体スクールのカリキュラムをチェック!

無料体験で整体スクールの授業を受けてみる

就職率100%1流の整体師になれるスクールはココだ!

HOME » 知っておきたい整体師の資格 » どんな資格がある?

どんな資格がある?

整体師の資格について、国家資格はあるのか、どんな民間資格があるのか、スポーツ整体師とはなど、様々な情報を集めてみました。

衝撃の事実!整体師の資格に国家資格はない?

一般に、整体師の仕事は資格を取得してはじめてできるものだと思われがちですが、実は整体師になるためには何の資格も必要ありません。

例えば、視覚障害者などが取得する「あん摩マッサージ師」や、接骨院などを開業する際に必要な「柔道整復師」など、整体やマッサージに関係するような国家資格はあるのですが、「整体師」という国家資格は無いのです。

そのため、実のところを言うと、「私が整体師です」と言ってしまえば、誰でも整体師になれてしまいますし、「ここが整体院です」と言えば、すぐさま開業できてしまいます。

今後、「整体師」という国家資格ができることに期待したいですね。

スポーツ整体師などの民間資格は多数あり

国家資格がない一方で、実に多彩な民間資格が整体師の資格として存在しています。

民間資格とは、国家が認定する国家資格とは異なり、民間団体などが認定する資格です。通信講座やスクール(専門学校)の修了認定証やスポーツ整体師などがそれに当たります。

どのようなものがあるのか、いくつかピックアップして紹介します。

  • 整体スクールの修了認定証

    整体スクールの講座を修了したことを証明する認定書です。整体に関する事柄を、知識と技術の両面で一通り学んだことの証なので、整体師を目指す人はこの資格を取るのが一般的です。代表的なスクールとしては、ウィルワン整体アカデミーなどが挙げられます。

    スクールの修了認定証を得るためにかかる費用は、通うスクール・学校やコース内容によって変わってきます。

    ウィルワン整体アカデミーの費用を見てみても、ベーシックコースの受講料は189,000円。整体やボディケアのプロになるためのプロフェッショナルコースで892,500円、独立・開業を目指すウィルワン総合実践経営コースであれば2,782,500円と、目的や何を学びたいかによって大きく異なります。

  • リラクゼーション・セラピスト

    さまざまなリラクゼーションの技能の中でも、とりわけ揉みほぐしの能力に長けていることを証明する資格です。

    NPO法人・日本セラピスト認定協会によるリラクセーション資格は、いずれかのスクールの専門課程を修了した時点で3級の受験が可能です。検定費用は3級で12,000円。合格することで、初回免許登録料10,000円、登録年会費12,000円で協会認定ライセンスが得られます。

    また、日本リラクゼーション業協会によるリラクゼーション・セラピストの受験費用は、1級で15,000円(税抜)、2級で6,000円(税抜)。こちらは協会に入会していなければ受験資格がなく、入会金や会費が別途必要となります。非会員者は、リラクゼーション知識検定を6,000円(税別)で受けることができます。

  • 整体セラピスト

    身体の筋肉が緊張することで引き起こされる歪みや痛みを取り除くことで、自然治癒の力を高めさせ、なおかつメンタル面からも症状に対してアプローチしていく能力を持っていることを認定する資格です。

    リラクゼーション・セラピストと同様に、NPO法人・日本セラピスト認定協会が整体セラピスト認定検定をおこなっています。3級の受験資格は専門課程を修了した時点。費用も同じく、受験料12,000円で、初回免許登録料10,000円、登録年会費は12,000円となります。

  • スポーツ整体師

    手技を用いたリハビリやコンディショニングを行うことができると同時に、肉体トレーニングの指導をできる能力も持って.いるということを認定する資格です。

    NPO法人・日本セラピスト認定協会のスポーツトレーナ認定は、整体分野も含んだ内容となっているため、スポーツ整体師の資格としても十分に効果を発揮します。スクールでの専門課程を修了すれば3級が受験可能。費用は、受験料の12,000円、初回免許登録料10,000円および登録年会費12,000円となります。

  • 米国カリフォルニア州公認マッサージ師資格(C.M.T)

    アメリカにあるカリフォルニア州が公認しているマッサージ師の資格です。普通の民間資格とはちょっと異なりますが、これを持っていると、日本だけでなく、海外でもマッサージ師としての活動の幅が広げられます。

    こちらの資格は、日本カイロプラクティックドクター専門学院にて取得可能。初年度納入金1,365,000円、2年次には630,000円が必要となります。また、別途に入学時の諸費用に約300,000円、アメリカ研修にて約400,000~450,000円の費用がかかります。

これらの民間資格は、整体師になるうえで必ずしも必要となるわけではありませんが、資格を持っているのと持っていないのとでは、就職活動に大きな差が出てしまいます。

誰もが整体師になれるからこそ、どこでどんな勉強をしてきたかが証明できる資格を持った整体師が重宝されるのです。

皆さんも、整体師になることを考えているのであれば、しっかりと資格を取得しておくことをおすすめします。

整体師に必要な資格、どう勉強するのがベスト?

専門書を買って勉強

「整体師の資格を取りたいけど、専門学校に通う学費がない」と悩んでいる人もいるでしょう。そんな人におすすめなのが、専門書を使った勉強法です。

専門書は一般の本屋さんですぐに購入できますし、店舗や在庫がない場合はインターネットサイトでの購入も可能です。

また、整体の実技について学びたいときは、手技について写真やイラストなどで詳しく書かれているものやDVD付きのものを選ぶと良いでしょう。取り扱いが豊富な本屋さんであれば、様々な専門書を揃えることができます。

しかし、専門書での独学の弱みは、「実技の勉強が充実しないこと」です。実技をきちんと身につけたいと感じたときは、アルバイトとして就職し現場で習得すると良いでしょう。

通信講座で勉強

その他の独学方法として、通信講座もおすすめです。特に、学校に通う時間がないという人に適しています。

また、通信講座であれば、日中仕事をしている人でも仕事終わりや休日など、空いた時間を活用して勉強することができます。

ただし、自分のペースで勉強できるという点は、メリットでありデメリットでもあります。「今日は疲れているから、勉強は明日にしよう」と後回しにしないためにも、できるだけ毎日決めた時間帯にきちんと勉強するようにしましょう。

専門のスクールに通って勉強

整体師の専門コースがあるスクールに通えば、座学と実習でバランス良く学べます。現場経験のある講師が直接指導してくれるので、分からないことや知りたいことをその場ですぐに確認できます。

特に実技を集中的に学びたい人には、専門のスクールに通うことをおすすめします。

整体師の資格、難易度チェック

整体師の民間資格である「整体セラピスト」の資格試験の合格率は、下記のようになっています。

  • 3級・・・90%~95%前後
  • 2級・・・70%~75%前後

ことからも分かるように、整体師の資格取得は比較的やさしいと言えます。しっかりと勉強している人であれば、資格を取得できるでしょう。

専門のスクールの中には、整体師の試験だけでなく卒業試験も受けないといけないところがあるようです。

卒業試験で出題されるのは、東洋医学・内臓体表反射・整体施療知の知識です。もちろん、実技試験もあります。試験にクリアすることで、認定証をもらえます。

また、場合によって卒業試験が受けられないときは、動画や専門スクールが出題する課題を提出して卒業認定証としてもらうことも可能です。

卒業認定証は卒業したという証だけでなく、就職の際も必要になります。受け取った卒業認定証は、一生の財産として大事に保管しましょう。

国家資格はどうなの?

整体師に似た国家資格として「あん摩マッサージ師」、「柔道整復師」などがあります。この国家資格について紹介します。

あん摩マッサージ師

あん摩マッサージ師とは、患者さんの腰痛・肩こりなどの症状を、あん摩、マッサージ、指圧で改善します。

この国家資格の合格率は約86.4%です。この資格は、独学で学ぶことができません。専門スクールや大学で学んでいないと、受験資格が得られないのです。また、あん摩マッサージを学べる学校はそれほど多くありません。そのため、「国家試験を受ける前に入学するのが大変」と言われているくらいです。

柔道整復師

柔道整復師は、骨折、脱臼、打撲、捻挫などの怪我に対して手術をせずに治療を行う仕事です。非観血的療法で損傷したところを治していきます。

柔道整復師の合格率は年によって波がありますが、平均70%前後です。ただし、近年は受験者数の増加により、国家試験の難易度も高くなってきていると言われています。

また、柔道整復師になるには、厚生労働省から認められた専門スクールや大学で3年以上学ばなくてはなりません。

整体師に似た国家資格は、上記で紹介したもの以外にもいくつかあります。国家資格と言っても、試験の難易度があまり高くないものもあります。

ただ、そのような場合であっても「受験資格」が設けられているため、試験を受けるためには”単位取得や実務経験の有無(年単位の時間)”が必要になるということを理解しておきましょう。

このサイトの人気ページ

整体スクールおすすめランキング>>

整体師になるには?>

整体師の資格をチェック>

スポーツ整体師とは?>

ココがおすすめ!整体スクールBEST3

第3位ウィルワン整体アカデミー

 費用  カリキュラム  就職 

受講費用…189,000円~

公式サイトへ

第3位 東京療術学院

 費用  カリキュラム  就職 

受講費用…998,600円~

公式サイトへ

第2位YMCメディカル
トレーナーズスクール

 費用  カリキュラム  就職 

受講費用…598,000円~

公式サイトへ

 
 
整体師になれるスクール特選サイト