整体師になれるスクール特選サイト
整体師になれるスクール特選サイト保存版!本気で整体師になりたい人のための専門スクールカタログ

いちおし整体スクールのカリキュラムをチェック!

無料体験で整体スクールの授業を受けてみる

就職率100%1流の整体師になれるスクールはココだ!

HOME » 知っておきたい整体師の資格

知っておきたい整体師の資格

整体師の資格について解説しています。資格の種類や取得方法などもまとめていますので、ご一読ください。

気になる整体師の資格について調査してみました

整体師の資格を取得しようと思い立ったのはいいとして、実際にどんな資格があって、どうやったら取得できるのでしょうか。

ここでは整体師の資格情報にスポットを当てて紹介したいと思います。 取り上げているのは、次の3つのトピックです。

  1. 国家資格と民間資格の違い
    まずは、整体師の資格にはどんなものがあるのかを探ってみました。 整体師の国家資格はあるのか、そもそも国家資格と民間資格にはどのような差があるのかなどについて説明しています。
  2. それぞれの資格の種類と概要
    数ある民間資格の中から、いくつか代表的なものをピックアップして、それぞれの資格の概要を説明しています。
  3. 資格の取得方法とその比較
    それぞれの資格はどうやったら取得できるのか、という点について説明しています。
    自学自習や専門家に教えてもらうなど、取得方法は様々あるので、その中から一般的な方法を2つピックアップして比較し、おすすめの取得方法を挙げています。

これから整体師の資格を取得しようと考えている方は、ぜひご覧ください。

整体師の資格が人気な4つの理由

整体師の資格を取得すると、転職や独立、顧客の獲得しやすさなど、さまざまな面でメリットがあります。

そのため、近年はスクールに通って資格を取得しようとする人が増えています。

ここでは整体師の資格が人気を集めている理由を4つ紹介します。

 

 

理由1.転職・独立に有利

整体師=整体院というイメージがありますが、実は他にもさまざまな勤務先があります。

たとえばスポーツトレーナー。スポーツ選手やアスリートは体が資本なので、常に体のコンディションを万全に整えておけるよう、定期的に整体や整骨、カイロプラクティックなどに通っている人が多いのです。そのため、整体師の資格を持っている人は、スポーツ選手の練習後や試合後にマッサージを行ったり、整体を施したりする貴重な存在として雇われる可能性があります。

もしチーム全体やスポーツ選手個人と専属契約を結ぶことができれば、独立して仕事をしていくことも可能です。フリーランスになると固定収入は望めませんが、マージンを取られない分、仕事をした分だけそのまま収入につながるので、独立開業している整体師の方も多くなっています。

また、女性の場合は併せてヨガやヒーリングなどに関する仕事を行い、美容に特化した整体師を目指すという道もあります。どちらも心身を癒やし、体のコリや疲れをほぐすことを目的としているため、整体師の資格を持っていることで仕事の幅が広がっていくでしょう。特に最近はヨガの人気が高くなってきていること、女性整体師の需要が高まってきていることから、安定した職が望めるのではないでしょうか。

理由2.顧客からの信頼を得られる

あんまマッサージ指圧師や柔道整復師の場合は仕事をするにあたって国家資格が必要となりますが、実は整体師の仕事は資格を必要としません。極端なことを言うと、今日から整体師として仕事を始めることも可能なのです。

そのため、整体院で働いていたり、整体師を名乗っている人の中には、無資格で勤務・開業している人も多くいます。もちろん決して違法ではないのですが、患者さんからすれば整体に関する正しい知識を持っているのかどうか判断することができず、利用を躊躇してしまうこともあるでしょう。

整体師の資格を持っていれば、基本的な知識はもちろん、整体に関する正確かつ豊富な知識を持っていることの証になるので、患者さんも安心。資格を所有していることをアピールすれば、新規顧客の獲得にもつながりやすく、営業面で非常に有利です。

理由3.自信を持って施術できる

整体院を訪れる患者さんは体のどこかに不調を感じているわけですが、体の仕組みは複雑なので、その不調がどこから来ているのか、何が原因なのかを探り当てることは難しいことです。

資格を持っていれば正しい知識のもと、適切なケアを行うことができるので、より自信を持って施術ができます。失敗も少ないので患者さんから感謝されることも多く、やりがいも感じやすくなるでしょう。

理由4.待遇が良くなる

整体院やリラクゼーションサロンの求人を調べると「未経験者歓迎」という一文をよく見掛けますが、一方で「有資格者優先」「有資格者好待遇」と記載されているところも数多く見受けられます。

就職面で有利になるのはもちろん、中には有資格者と無資格者で給与待遇をわけているところもあり、場合によっては月5万円以上の開きが出るところもあります。

整体師はアルバイト・パートとして勤めることもできますが、その場合も有資格者と無資格者では時給が100円以上異なるのはざらです。

また、たいていの整体院やリラクゼーションサロンでは雇用から数ヶ月間は試用期間として、通常より低い給与や時給が設定されています。

この試用期間も有資格者と無資格者では大きな違いがあり、たとえば有資格者は3ヶ月で済むところを、無資格者だと倍の6ヶ月かかってしまうこともあります。そのぶん給与の額にも差が出ますので、有資格者の方が収入面でも大きな恩恵を得られると言えるでしょう。

整体師として資格以外に必要な3つの能力

整体師にとって重要なのは整体に関する確かな技術力を持っていることですが、整体院が乱立している今、ただ技術に長けているというだけでは安定した経営を行うことはできません。整体師として仕事を続けていきたいのなら、技術力のほかにさまざまなスキルを身につけ、磨いていく必要があります。

ここでは整体師を目指す人にぜひ習得してもらいたいスキルを3つ紹介します。

1.コミュニケーション・カウンセリング能力

整体院を訪れる患者さんは体に痛みや違和感を抱えている方がほとんどですが、症状が広範囲にわたっていると、自分でもどこがどう痛いのか上手く説明できないことがままあります。

痛みの原因がわからないと適切な施術を行うことができませんので、整体師は患者さんからより多くの情報を引き出さなければなりません。口下手だったり、コミュニケーション能力が低いと患者さんからうまく話を聞き出せず、結果的にとんちんかんな施術をしてしまって症状が改善せず、患者さんが離れていってしまうなんてことも…。

整体師も接客業のひとつですので、患者さんと面と向かって対応する以上、それなりのコミュニケーションスキルやカウンセリングスキルは必須と言えます。

カウンセリングだけに限らず、施術中も楽しく会話できれば患者さんもリラックスし、コリがほぐれてより施術の効果がアップしやすくなるというメリットも期待できますよ。

2.経営能力・マーケティング能力

整体院やカイロプラクティック院がわずかしかなかった時代であれば、ただ看板を掲げているだけで自然と患者さんを呼び込むことができました。

しかし現在はこれらの施設に加え、リラクゼーションサロンやリフレッシュサロンなども台頭し、需要が供給を大幅に上回っています。そんな時代にあって整体師として独立開業を目指そうという人は、経営能力やマーケティング能力をしっかり身につけなければなりません。

具体的には、どんな宣伝を行えば新規顧客を取り込めるのか、どういったサービスを導入すればリピーターを増やせるかなど、整体院を運営していく上で欠かせない企画・運営を行っていく必要があります。

3.ITスキル

インターネットが広く普及した現在、整体院でもITを使った経営戦略を行っていくのはもはや常識と言えます。

特にこれから整体師として独立を目指している人には、ホームページの作成やSNSを使った宣伝は必須。なじみ客が定着している古参の整体院ならいざ知らず、開業したての新参店が新たに顧客を呼び込もうと思ったらネットの力に頼ることが必要になってくるでしょう。

SNSやブログ、サイトなどで自分の店のセールスポイントをアピールするのはもちろん、ネット予約に対応したり、ネット割引を導入したりすれば、新規顧客を獲得しやすくなります。

また、院内でも顧客管理やカルテ作成をパソコンで行うのは当たり前の時代です。事務的な手続きをコンピューターで実施・管理すれば手間と時間が大幅に節約され、より効率よく患者さんの施術に当たることができます。

必要なスキルを身につけるためにはスクールがオススメ!

ここまでで整体師に必要なスキルを紹介してきましたが、これらの能力を一人で身につけようとするのはかなり難しいものです。特に経営スキルやITスキルは専門性が高いため、場合によっては整体師になるための勉強とは別に学習の場を設けなければなりません。

そこでおすすめしたいのが整体師の資格取得をサポートしてくれる専門スクールです。整体師として必要な技術や知識が学べるのはもちろん、スクールによっては経営学やITを学べる講座を用意しているところもあり、整体院開業に必要な能力を一度に習得することができます。

また、スクールには同じ志を保つ仲間たちがたくさんいて、一緒に授業や実技を受けることになります。集団生活を行うことで整体師に必須なコミュニケーション能力やカウンセリング能力も養うことができるので、一石二鳥と言えるでしょう。

必要資格から理解する5つの施設の違い

ここでは整体院・接骨院・整骨院・カイロプラクティック・ほぐしマッサージの5つの施設の違いをまとめてみました。

国家資格所有者が施術を行う「接骨院」と「整骨院」は骨折やねんざ、脱臼といったケガの回復を手助けする施設であるのに対し、無資格でもOKな「整体院」「カイロプラクティック」「ほぐしマッサージ」はケガ以外の不調を矯正することを目的としている点に大きな違いがあると言えるでしょう。

整体院

身体全体の骨格や関節のゆがみやズレを矯正したり、骨格筋を調整したりする民間療法「整体」を行う施設のことです。

施術を行う人は「整体師」と呼ばれますが、特別な資格は必要なく、無資格でも開業・開院することができます。

ただ、体の仕組みを熟知していないと施術することができないため、専門学校などに通った上で認定資格を取得する人が大半を占めています。

専門学校では主に解剖生理学や東洋医学のほか、カイロ、痩身整体、美顔整体、O脚矯正など幅広い知識を学ぶことが可能なため、独立後は単にゆがみやズレを解消するだけでなく、ダイエットや美顔など美容を目的とした施術を行う人もいるようです。

接骨院

日本の武術のひとつである柔術における医術・蘇生術にあたる「活法」をもとにした治療術「柔道整復術」を行う施設のことです。

手術を行わずに、骨や関節、筋、腱、靱帯を原因とする骨折や脱臼、ねんざ、挫傷、打撲といった損傷を整復・固定し、人間がもともと持っている自然治癒力を促して回復に導くことを目的としています。

仕事として骨折や脱臼、ねんざといった損傷を取り扱ってよいのは医師と柔道整復師のみと定められているため、接骨院で施術を行うには国家資格である柔道整復師の資格を取得しなければいけない決まりになっています。

もし無免許で接骨術を行った場合、柔道整復師法第二十六条などによって処罰の対象となります。

参考:『医業類似行為に対する取扱いについて』厚生労働省

整骨院

国家資格を所有する柔道整復師が柔道整復術を駆使して骨折やねんざ、挫傷などの治療を行う施設です。接骨院の別称で、名称が異なる以外は内部で行われている施術内容やサービスに違いはありません。

整骨は医療類似行為にあたるため無資格での施術は禁じられていますが、医療施設ではないことから、一般的な病院に比べると施術範囲や健康保険の適用に制限があります。

なお、法律上においては柔道整復師が施術を行う施設の名称は「接骨院」が正しく、「整骨院」は正式には認められていません。

ただ、整骨院という呼び名を認めるかどうかは各都道府県や自治体に一任されていることから、地域によっては整骨院という名で営業を行っているところもあります。

いずれの場合も保健所に届け出をし、営業していることには変わりありませんので同じものと思って問題ないでしょう。

カイロプラクティック

1895年にアメリカで生まれた手技療法のことです。

発祥国であるアメリカをはじめ、イギリスやカナダ、オーストラリアなど一部の国と地域では神経筋骨格系の障害を診断・治療・予防する療法として法制化されているほか、WHOからも補完代替医療として認識されるなど、その地位は確固たるものとなっています。

ただ、日本では現在のところ法的に認められた資格制度ではなく、いわゆる民間療法として誰でも施術・開業することが可能です。

そのせいか日本では整体ともストレッチとも取れるようなあいまいな施術が行われていたり、トラブルを招いたりしたことから、2014年からは日本カイロプラクティック登録機構によって、WHOの教育基準を満たしたカイロプラクティック技術者(カイロプラクター)を登録する制度が開始されました。

現在は正しいカイロプラクティックの知識・技術を持つことを証明する日本カイロプラクティック登録機構の登録試験に合格することにより、登録カイロプラクターとして認定される仕組みになっており、脊椎ヘルスケアの専門職という本来の意味が国内でも広まりつつあります。

ほぐしマッサージ

名前のとおり、体のあちこちをもみほぐし、コリを解消することを目的としたサービスです。整体師同様、特別な資格は存在しないため、無資格でも営業することができます。

ただ、日本では「マッサージ」と名乗って営業できるのは国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」の資格を取得した人だけに限られるため、ほぐしマッサージを提供している店では単に「もみほぐし」と称したり、「手もみ」「リフレクソロジー」「リラクゼーション」などの名称で看板を掲げています。

最近は他店との差別化を図るため、「日本手もみ検定福祉協会」が認定した和式ハンドリラクゼーションや和式フットリラクゼーション、古流活法式ボディケアなどの資格を取得する人も増えてきています。

このサイトの人気ページ

整体スクールおすすめランキング>>

整体師になるには?>

整体師の資格をチェック>

スポーツ整体師とは?>

ココがおすすめ!整体スクールBEST3

第3位ウィルワン整体アカデミー

 費用  カリキュラム  就職 

受講費用…189,000円~

公式サイトへ

第3位 東京療術学院

 費用  カリキュラム  就職 

受講費用…998,600円~

公式サイトへ

第2位YMCメディカル
トレーナーズスクール

 費用  カリキュラム  就職 

受講費用…598,000円~

公式サイトへ

 
 
整体師になれるスクール特選サイト