整体師になれるスクール特選サイト
整体師になれるスクール特選サイト保存版!本気で整体師になりたい人のための専門スクールカタログ

いちおし整体スクールのカリキュラムをチェック!

無料体験で整体スクールの授業を受けてみる

就職率100%1流の整体師になれるスクールはココだ!

HOME » 整体師の独立・開業基礎知識 » 経営を軌道に乗せるには

経営を軌道に乗せるには

整体師として独立・開業後、経営を軌道に乗せるためのポイントを解説していきます。

整体院を成功させるマーケティング手法「3つのM」を解説

マーケティングにおいて、「3M」という考え方があります。

これは「ダン・ケネディ」という人物が考案したマーケティングの基本原則で、「マーケット(Market)」、「メディア(Media)」、「メッセージ(Message)」の3つのことを指しています。

何を誰に売るのか(マーケット)

「マーケット」では、「何を誰に売るのか」を考えます。

ターゲット層を絞り込むということですね。

整体院を運営するにあたり、患者は幅広い年齢層が考えられますが、年齢によって体の不調や悩みに違いがあり、その症状の改善方法も異なってきます。

それぞれにきちんと対応できればよいのですが、より患者の心に強く印象づけるためには、ターゲット層を絞り込む必要があります。

部活などで筋肉を酷使しやすい若い世代をターゲットにするのか、高齢により腰が弱ってきている年配の方をターゲットにするのか。まだ絞り込みがきちんとできていない整体院は、今一度よく考えてみましょう。

3Mのすべてが、マーケティングにおいて同じくらい重要なものにはなりますが、「マーケット」をしっかり定めていないと「メディア」も「メッセージ」もぐらついてしまいます。

まずはマーケットをしっかりと定め、その上でメッセージ、そしてメディアの活用という流れで集客を行うのが効率的です。

ターゲットに伝えるための手段(メディア)

「メディア」は、「メッセージ」を「マーケット」であるターゲットに伝えるための手段のことです。

新聞の折込チラシやホームページ、フリーペーパーなどいろいろなメディアがあります。

しかし、ただメディアを活用すればよいというわけではなく、ターゲットにメッセージが伝わりやすいメディアを取り入れなければなりません。

スマートフォンの普及により、年配者もインターネットへの馴染みが深くなってきてはいるものの、50代以降の年配の方が情報収集にインターネットを活用するということはまだ少ない傾向にあります。

であれば、折込チラシなどの紙媒体のほうがメッセージが届きやすいのではないでしょうか。

チラシや地域情報サイトなどのメディアを利用して、集客活動をしたけれど効果がなかったという人は、メディアの使い方を間違っていたのかもしれません。

ターゲットに伝えたいこと(メッセージ)

「メッセージ」は、ターゲットである患者さんに伝えたいことです。

若い世代をターゲットにしているのであれば、筋肉の疲労をより効率よく改善することができる、腰の痛みを和らげる施術を得意としているなど、ターゲットに伝えたいことを明確にしましょう。

ターゲットにメッセージが届けば、「この整体院で施術を受けてみたい」という気持ちになってもらえます。

ただ人が来ればよいというわけではない

マーケティングの3Mを実践することで、集客できる可能性は高くなります。

ただし、人が来てくれればよいというわけではありません。

施術技術が高く、「施術によって不調が改善された」という効果がでなければ1回の来院でリピーターにはつながりませんし、ターゲットに応じた接客を行わないと、やはりリピーターにはなっていただけません。

一人ひとりの患者さんに心を込めて施術を施し、「よくなってほしい」という気持ちを込めて接すること、整体院側の人間力を高めることは、整体院の経営を軌道に乗せる上でもっとも重要な要素です。

整体院のクオリティを高める努力と、マーケティングにおける3Mを並行して行い、「大繁盛の整体院」を目指しましょう。

整体師が独立・開業後に取り組むべきこと

整体院、あるいは個人の整体師の経営を軌道に乗せるには、患者のニーズに沿ったサービスを打ち出すことが大事です。

たとえば、体が疲れている方に対しては、リラクゼーションコースの需要が高くなります。あまりお金をかけたくないという方に対しては、低料金かつ短時間のクイックマッサージを提供するといいでしょう。

ビジネス街に開院しているのであれば、サラリーマンの利用しやすい時間帯でクイックマッサージを提供すれば、一定のニーズをつかめる可能性は高いと思います。

初診集客のためにすべきこと

独立・開業後には、まず初診の患者を集客しなくてはなりません。そのためにすべきことは、料金体系をわかりやすくすることです。

保険が適用されない整体は「料金が高い」「いくらかかるのかわからない」といった理由で敬遠している方も多いようです。そこでホームページやチラシ、看板などで、事前に料金体系を確認できるようにしておくといいでしょう。

期間限定で初診料を割引するといったキャンペーンを実施して、患者の反応を見るというのも有効な施策です。

リピーター獲得のためにすべきこと

一度来てもらった人に、繰り返し来院してもらう工夫も重要です。

施術の効果を実感してもらうことも大事ですが、他にも注意するべきことは多々あります。

カウンセリングなどのコミュニケーションで信頼感を得ることや、整体院自体の清潔感なども忘れてはならない要素です。初診料の割引で新規集客できたとしても、満足度を提供できなくては、リピーターにはなってもらえません。

逆にいえば、施術やコミュニケーションで患者との信頼を築ければ、定期的に通ってもらえる可能性も高まるのです。

施術の質と同時に、接客の質を高める努力も怠ってはいけません。

整体師にとってネットでの口コミ評価は重要

整体のように、体調や症状の違う患者に対するサービスでは利用者側の満足度は千差万別。その顧客満足度を客観的に見るツールの1つに、インターネットの口コミ情報があります。

質の高いサービスを提供していれば、自然と高い評価の口コミがネットに流れる可能性はあります。

ホームページで「お客様の声」を掲載するなど、積極的に利用者の声を公開していくことも検討すべきです。

このサイトの人気ページ

整体スクールおすすめランキング>>

整体師になるには?>

整体師の資格をチェック>

スポーツ整体師とは?>

ココがおすすめ!整体スクールBEST3

第3位ウィルワン整体アカデミー

 費用  カリキュラム  就職 

受講費用…189,000円~

公式サイトへ

第3位 東京療術学院

 費用  カリキュラム  就職 

受講費用…998,600円~

公式サイトへ

第2位YMCメディカル
トレーナーズスクール

 費用  カリキュラム  就職 

受講費用…598,000円~

公式サイトへ

 
 
整体師になれるスクール特選サイト