整体師になれるスクール特選サイト
整体師になれるスクール特選サイト保存版!本気で整体師になりたい人のための専門スクールカタログ

いちおし整体スクールのカリキュラムをチェック!

無料体験で整体スクールの授業を受けてみる

就職率100%1流の整体師になれるスクールはココだ!

HOME » 整体師になるために知っておくべきこと » 整体師になるには?

整体師になるには?

最近人気が高まってきている整体師になるにはどうしたらよいのか、そのためにはどんなことを勉強したらいいのかをリサーチしてみたので参考にしてください。

整体師になるにはどうしたらいい?

「整体師」と言うと、何かの資格を持っていると思われがちですが、実は整体師になるには何の資格も必要ありません。

そのため、誰もが整体師を名乗れますし、実際のところ、整体院もピンからキリまでたくさんあります。

とは言え、もし自分が客だった場合、しっかりと整体スクールで技術を学んだ整体師に施術してもらいたいと思うのは当然ではないでしょうか。

そのため、整体院も集客するためにしっかりとした環境で学んだ整体師を採用したがっています。

「整体師には誰でもなれるし、整体院は誰でも開業できる」、こういう状況だからこそ逆に、しっかりとした経歴を持っていたり、整体スクールで勉強して技術を身に付けていたりするということが非常に大きな強みになるのです。

整体師になるにはどんな資格が必要なの?

整体師になるには、整体に関する正しい知識や技術を習得する必要があります。

一般的に柔道整復師などの職業は専門的な資格が必要な仕事であり、資格を入手していない方は働くことができません。

しかし、整体師は国家資格などを取得する必要がないため、誰でも簡単に働くことができます。

人によっては民間セミナーで技術を習得し、整体師として働き始めることもあります。整体師として働きたいと考えている方は、知識や技術の習得法をチェックしてみてください。

そして、自分に適した方法で整体関係の知識やスキルを習得していきましょう。

「整体師に必要な資格」はこちら

整体師になるために必要な勉強は?

整体術と呼ばれるものは実に数多くあります。伝統的な手技の療法に始まり、海外で考案されたて誕生したものなど様々です。整体師となるには、まず自分の学びたい整体術の内容について確認して決めることが必要です。

例えば、手技療法として有名なカイロプラクティックは、骨格矯正と筋肉強制を行います。全身の筋肉の構造や骨格の構造を知り、論理的な施術方法と知識を学ぶ必要があります。また、施術による自然治癒力を回復させることを目的としているために、人体の構成に加えて人体の持つ本来の治癒力についての知識や患者さんとのカウンセリング力も必要とされます。

このように、整体師になるにはそれぞれの専門知識を必要とします。効率的に学習を行うには、整体師のスクールで学ぶことが近道といえます。

「整体師になれるスクール特選サイト」はこちら

整体師には年齢制限はあるの?

整体師として働いている方の平均年齢は33歳から35歳くらいだと言われています。

しかし、他の職業と違って必須となる資格が存在ない整体師は年齢制限がないので、どの年代の方でも働くことが可能です。

最近は、整体師として働く中高年の方が多く登場しており、今後も整体師の数は順調に増えていくと予想されています。

整体師になるにはいくらかかるの?

資格などの必要がないため、整体師になるためにかかる費用も人それぞれ。全て独学で、まったくお金をかけずに整体師として働いている方も中にはいるでしょう。

しかし、先ほども述べたように、すべての人がなれるからこそ資格は取得しておきたいところ。多くの資格は、スクールや通信教育での専門課程を修了しなければ取得できません。

一般的にスクールの学費は、基礎的なコースで数十万円。本格的に、プロとして独立までを支援してくれるコースで100万円前後~200万円台といったところになります。

一方で、通信教育は数万円~10万円前後が相場となり、整体師になるための勉強を安くおこなえるといったメリットがあります。

しかし、整体師という仕事は実践や経験がモノをいう世界。たとえDVDなどによる講座があったとしても、結局はスクーリングに通わなければならず、費用がかさんでしまうというケースも珍しくはありません。

「整体師になるのにかかる費用」はこちら

整体師になるまでの費用よりも

真剣に整体師として仕事をしていきたいと考えるのであれば「いくらかかるのか」という点より、何を学べて何が得られるかを考えるべきだといえるでしょう。

スクールには実践的なカリキュラムのみならず、数々のメリットがあります。求人サポートなど就職先が豊富であることはそのひとつ。今後の整体師としての人生を左右するといっても過言ではありません。

また、学校で会った仲間と同じ志のもと、技術を高め合うことができる点は、独学や通信教育にはない大きなメリットとなります。その他、整体スクールの修了認定証などの資格を有することができるのはもちろん、独立のための経営・マーケティングノウハウもスクールであれば学べるのです。

数十万円~数百万という学費は決して安くはありませんが、本気で整体師になりたいと考えるのであれば、スクールに通うことは費用以上に価値のある方法だといえるのです。

どんなことを勉強したらいい?

それでは、実際に整体師になるには、どのようなことを勉強したらいいのでしょうか。

初めて学ぼうと考えている人にとっては、何から手を付けていいかわからないものですよね。

そこで、このサイトでおすすめ整体スクールNo.1としているウィルワン整体アカデミーの講座内容に沿って、どのようなことを勉強したらいいのかを見ていきましょう。

整体師がすべき注意点

整体とマッサージは、身体を扱うという点でよく似ています。しかし、整体師が行える出施術は整体です。マッサージを取り入れる場合は「按摩マッサージ指圧師」という国家資格が必要になります。

前述の通り、マッサージと整体の違いは、施術の目的にあります。整体は、筋肉や体のゆがみを矯正し、身体の自然治癒力を高めることを目的に施術します。対して、マッサージは、体の表面を揉んだり、たたいたり、さすったりすることによって、血液やリンパの循環を良くすることを目的に施術します。

整体師は技術を取得すれば、資格がなくても施術を行ったり開業したりすることができます。国家資格ではなく、あるのは民間資格です。それに対して、按摩やマッサージといった施術を行えるのは、国家資格を持った「按摩マッサージ師」。整体師の技術を持っていても、按摩マッサージ師の資格を持っていない状態で、按摩やマッサージの施術を行ってしまうと違法になるため、注意が必要です。

また、整体師として開業する場合は、知識や技術を身につけることはもちろんですが、お店の経営に関して明確な方針を立てる必要があります。たくさんの整体院が点在する現在では、よりオリジナリティーのあるサービスの提供を行い、他院と差別化を図る必要があります。

整体師として働く場合は、自分にはどのような働き方が向いているのか自己分析を行っておくことが大切です。そのうえで、専門性を常に高めながら必要とされる整体師を目指していきましょう。

按摩マッサージ指圧師

按摩マッサージ指圧師とは、名前の通り、按摩やマッサージ、指圧を行うことによって、肩こりや腰痛などの症状を解消、あるいは軽減することが仕事です。

按摩マッサージ指圧師になるには、国家資格の取得が必須であり、その前には、厚生労働省や文部科学省が定める専門学校や特別支援学校で3年以上学び、必要な科目を取得することも必要です。東洋医学に基づく施術法で、問診や検査を行ってから実際に治療を行うという特徴があります。

資格なしでマッサージや整体を行うクリニックが増えている中、国家資格を有しているという点で信頼度が高く、ストレス社会と呼ばれる現代社会において、按摩やマッサージ、指圧の需要は高まっています。

鍼師

鍼師とは、鍼を使って体に刺激を与えることによって、体の自然治癒力を高め、病気の改善や予防を行う医療技術師のことです。灸師の施術を行う人も多く、灸師と合わせて鍼灸師と呼ばれることが多々あります。鍼師になるには、高校卒業後に4年生大学か専門学校などに通い、国家資格を取得することが求められます。

極細のステンレス製の針を経穴と呼ばれる体のツボに刺し、刺激を与え、体の痛みや凝りをほぐしたり、血行を促進したりすることを目指します。針を瞬間的に刺してすぐに抜く方法や、刺した針に弱い電流を流す方法など、さまざまな施術方法があります。

鍼師としては、医療機関のみならず、スポーツジムや美容クリニックなどでも働くことができます。

灸師

灸師とは、灸を用いて体に刺激を与え、体の自然治癒力を高め、病気の改善や予防を行う医療技術師のことで、鍼師と合わせて鍼灸師と呼ばれることが多々あります。

灸師になるには、鍼師と同様に、高校卒後、4年生大学か専門学校に通い、国家資格を取得しなければなりません。灸療法では、よもぎなどの「もぐさ」を用いて、経穴と呼ばれる体のつぼを刺激します。

療法は大きくわけると、もぐさを皮膚に上に直接乗せて点火する「直接灸」ともぐさと皮膚の緩衝材として、生姜やにんにくなどを入れる「間接灸」という二種類があります。灸師としても、医療機関のみならず、スポーツジムや美容クリニックなどで、働くことができます。

柔道整復師

柔道整復師は、昔から「ほねつぎ」や「接骨師」として知られており、骨や関節、筋や腱、靭帯などに関わる、骨折や脱臼、打撲や捻挫、肉ばなれなどの身体の異常を治療する医療技術師です。

ここでいう治療とは、手術や薬ではなく、柔道整復術を用い、ヒトが本来持っている自然治癒力を高めることを指します。手術や薬を使った治療と違って、体への負担が軽いことが特徴です。

柔道整復師になるには、高校卒業後、厚生労働省が許可している専門学校などで3年以上学ぶか、文部科学省が定める大学で学んだ後、国家資格を取得しなければなりません。柔道整復師も医療機関だけではなく、スポーツ施設や介護施設で働くことができ、特に介護施設での需要が高まっています。

整体師

整体師と柔道整復師はよく似ており、同じ職種と考えてしまう人も多いですが、別の職種です。

まず、国家資格を必要とする柔道整復師に対し、整体師には必須資格はありません。しかし、ほとんどの整体師は専門学校などの養成機関で学び、民間の認定資格を得ています。そして、患部の治療を行うことができる柔道整復師に対し、整体師が行うのは、体の自然治癒力を高めるための手技までです。このことから、柔道整復術は医術に分類され、整体術は代替医療に分類されます。

また、整体術は体の自然治癒力を高めるため外傷だけでなく内臓系に不調にも対応していますが、柔道整復術は骨に特化した治療といえます。

カイロプラクター

カイロプラクターとは、資格を有したカイロプラティックの専門家であり、脊椎徒手療法の専門家とも訳されます。

カイロプラティックとは、体の構造やその機能に着目し、特に骨格や背骨などの脊椎に関わる部位を、手技によって調整し、神経の働きを改善させることを目的としています。体をコントロールする脳の神経系の働きを良くすることによって、体全体の調子が整うと考えられているのです。

日本ではカイロプラティックが法制化されていないため、誰でもカイロプラクターと名乗ることができてしまいます。脊椎等に処置を施すため、知識のない状態で施術すると重大な事故を起こしてしまう可能性があります。最低でも1年、長くても4年はスクールに通い、適切な知識を身につけなければなりません。

リフレクソロジスト

リフレクソロジストとは、19世紀のアメリカで発祥したリフレクソロジーと呼ばれる反射療法の施術者のことを指します。手のひらや足の裏に点在する、チャートと呼ばれるツボのようなものを刺激することによって、血行を促進したり、新陳代謝を活発にしたり、内臓の自然治癒力を高めたりすることを目指します。

リフレクソロジストには、国家資格などの公的資格は不要ですが、ほとんどの人が、特定のスクールや通信講座を活用し、民間の諸資格を取得します。

セラピスト

「セラピスト」という言葉をよく耳にしますが、この言葉が指す領域は広域に及びます。というのも、セラピストとはセラピー、つまりは治療を行う人を指すためです。

昔は、身体の調子を整えるための施術を行う「ボディ系セラピスト」、心理的な問題を扱う「心理系セラピスト」、そして気などのエネルギーを使う「エネルギー系セラピスト」の3種類に分類されていましたが、今では「治療師」や「療法士」も「セラピスト」と呼ばれます。

セラピストになるには、特定のスクールなどで学ぶ方法と、実際に店舗で勤め、その店舗独自の研修を受けることで学ぶ方法がありますが、スクールで学ぶ方法の法が、より一般的で、より多くの知識を得ることができます。

深層筋アプローチセラピスト

深層筋アプローチとは、一般的な指圧施術よりも、大きく、持続的に圧をかける施術を指します。そのため、圧す手数を少なくし、的確にツボを押す技術や、圧に耐えうる指の力が必要になります。

資格の取得は必須ではありませんが、スクールなどに通い、認定資格を得てから、職に就く方法が一般的です。

整体師の気になる今後は?

整体とは、全身の骨格・筋肉バランスを整えることでゆがみを矯正し、神経の流れを改善したり身体を健康にする施術となります。

生理学や運動学などの人体に関する知識を得られるのみならず、人に健康や幸せといった癒しを与えることのできる、とてもやりがいのある職業が整体師なのです。

さらに整体を求めるニーズは、年々その幅を広げています。

整体といえば「足・腰の悪い人やご高齢の方に需要が大きい」といったイメージをどなたもお持ちではないでしょうか。しかし近年では、ストレスにより自律神経のバランスを崩された方、骨格のバランスを整えるといった観点からもスポーツ選手や、美容を目的とした若い女性にまで注目を浴びているのです。

また、日本は現在、少子高齢化の一途をたどっています。もちろん整体を必要とする方はさまざまですが、筋力の低下や新陳代謝が衰えてしまったご高齢の方にこそ不可欠であり、今後の需要はどんどん高まっていくことが予想されます。

一方で、整体師という職業は重労働でもあります。それなりの体力がある年齢でなければ施術はおこなえないため、少子化が進めば整体師の数も減少するでしょう。

こういった背景からも、整体師の需要に供給が追いつかないことが予測され、今後はますます整体師という職業の必要性が増し、さまざまな人から必要とされる職種になることが容易に想像できるのです。

整体師という職業の誇り

整体を求める人はいまや、老若男女を問いません。現代の社会が整体師という職業を求めている、といっても過言ではないのです。

実際にサラリーマンから整体師に転職した方の体験談を見ると「直接ありがとうといってもらえる瞬間が一番嬉しい」といったものが多く見られます。一般的な会社勤めでは、なかなか感謝される瞬間にはめぐり合えず、整体を施すことにより人から感謝された瞬間、やりがいを感じたという想いが十分に伝わります。

数多くの方が必要とし、さまざまな人に幸せを与えることのできる整体師という職業。将来性も高く、やりがいや自信、誇りを持って取り組める職業だといえるのではないでしょうか。

このサイトの人気ページ

整体スクールおすすめランキング>>

整体師になるには?>

整体師の資格をチェック>

スポーツ整体師とは?>

ココがおすすめ!整体スクールBEST3

第3位ウィルワン整体アカデミー

 費用  カリキュラム  就職 

受講費用…189,000円~

公式サイトへ

第3位 東京療術学院

 費用  カリキュラム  就職 

受講費用…998,600円~

公式サイトへ

第2位YMCメディカル
トレーナーズスクール

 費用  カリキュラム  就職 

受講費用…598,000円~

公式サイトへ

 
 
整体師になれるスクール特選サイト